シェアハウスで暮らした3年のこと。生きるを立て直す。

最近、高円寺に引っ越しました。憧れの高円寺。やったね。

高円寺に住む友人たちが、高円寺から出てこない理由、すっごくワカル〜〜、となっている今日この頃です。

 

先日までは、墨田区向島というエリアに住んでいました。浅草まで歩いて20分、スカイツリーのお膝元、春の麗の隅田川まで歩いて数分、という素敵な下町。

そこで住んでいたのは、長年貧困問題に取り組んできた稲葉剛さん(立教大学特任准教授)が代表を務めるつくろい東京ファンドという一般社団法人のプロジェクトのひとつである「東京の家賃の高さに困っている若者向け」シェアハウスに住んでいたのです。

tsukuroi.tokyo

 

ちょっと、気合いを入れて、自分の3年を「住まう」こと「暮らす」ことを中心にレポートを書いてみたので、よかったらぜひ、リンクから読んでみてください。

あとこの向島のシェアハウスでは入居者、絶賛募集中!ですので、興味持った方、気軽に連絡ください!

初期費用なし、高熱インターネット費込みで毎月4万5千円、ウォークインクローゼット付きですよ。

 

tsukuroi.tokyo

自由芸術大学10月のテーマは腰と骨盤。

お天気も上がったり、下がったりの9月後半が過ぎてゆき、10月。

私の家の近所の小学校では、運動会の練習の音楽や音が聞こえてきます。

 

自由芸術大学ストレッチ講座、10月のテーマは、腰と骨盤。

お腹をどっしりと捉え、根を張るように据えて、リラックスしていきます。

自分の体に安心して乗っかり、脱力していく、

自分でいることがナチュラルになっていく、

季節の変わり目、かつ、これから寒い冬が来るのに備えて、

ゆったりとした自分を作っていきたいなと思っています。

 

正しい形、上手にやること、そういったことから頭を離して、

自分の気持ちいいところだけを大切にしていきましょう。

 

誰とも比べず、誰とも競争しない。

f:id:gonna_dance:20181004180619j:plain

(これは日光東照宮の御神木なのですが、どっしりとしていて、体の中は虚ろではなく深く静かな淵のようでした。去年の今頃これを見て、「ああ、こうやって立つんだなあ」と気づいた木です。写真ではなかなか伝わりにくいですが、こんな感じになっていきたいなと思います)

 

自由芸術大学 / 素人の乱12号店

166-0002 東京都杉並区高円寺北3-8-12-2F

JR中央線高円寺駅下車徒歩7分

19:30〜21:00

ビジター2,500円

チケット8,000円(1回2,000円4回分) 

www.freeart-univ.org

ance/

没後50周年 藤田嗣治展

大好きな画家の一人である藤田嗣治没後50周特別展へ行った。

 

f:id:gonna_dance:20181004101418j:image

f:id:gonna_dance:20181004101430j:image

 

知らない絵、忘れてい経緯などあって、とても面白かった。彼が戦争記録画を描いた、その心情がもっと知りたい。展示は大抵政治抜き。

I visited Tokyo Metropolitan Museum to see Leonard Foujita who is my favorite painter. There’re many pictures that I didn’t know, and some history what I forgot about. I really wanna know his opinion when he drew pictures of wars during WWⅡ. The exhibition is almost always without political thinking.

 

 

#foujita #foujitatsuguharu #tokyo #museum #danceslife #藤田嗣治 #藤田嗣治没後50年 #東京都美術館 #藤田展 

10/21【予約受付中!】おいしいストレッチ教室 vol.10〜心のコリをほぐす。

こんにちは〜〜!

10月も、高円寺のヴィーガン料理やマクロビ料理が楽しめるカフェバーLoca Kitchenさんにてイベント「おいしいストレッチ教室」を開催します〜!次回は10月21日第3日曜!

f:id:gonna_dance:20181001230929j:plain

高円寺高架下の焼き鳥屋街(阿佐ヶ谷方面)をする〜っと抜けるとロカキッチン!

 

今回で10回目を迎える本イベント。

来てくださった皆様、応援してくださる皆様、気にかけてくださる皆様、Loca Kitchen店主やすよさん、感謝しています〜〜。

前回、テーマを「お疲れ顔への処方箋」として行った9回目、初めて、自分に合格点以上があげられた回になったと思います。いつもが80点とかだったら100点。100点だったら120点という感じ。こういうの、言っちゃいけないのかもしれないんだけれど、いつも、もうちょっと楽しんでもらえたらいいな、リラックスできる環境づくりがしたいな、カフェという会場に合わせたプログラムが作れたらな、と思っていました。

ストレッチメニューに関して言えば、何も大きくたくさん動くだけがリラックスや満足に通じる道ではなく、カフェという環境に合わせて、気軽にできて、「それ知りたかった!」というプログラムや、「楽しい!」「気持ちいい」が詰まった時間作りが大切なのだと改めて思いました。

また、ドリンクやデザートプレートとのバランスも良く、リラックスして感覚も開いた身体に、見た目、香り、優しい味、重たすぎない食べ応えだったのだと思います。

身体の内側、外側、ひっくるめてリラックスできるようなイベントを作りたいなと思っていたのですが、一つの解にたどり着いた気もしています。

まだまだ良くできると思っています〜。わ〜い!

 

さてさて!第10回も張り切って準備しますよ〜!

最近は、野口体操にも触れ、環境との付き合い方や、脱力、身体との向き合い方もますます学んでいます。次回も良い時間を目指します〜。

f:id:gonna_dance:20181001230611j:plain

右がLoca Kitchen店主のいとうやすよさん〜〜。わ〜い。二人で張り切って打ち合わせ中!うちのダイニングですねえ。

やすよさんのインスタグラムはこちら。

www.instagram.com

 

おいしいストレッチ教室 vol.10〜心のコリをほぐす。

****
毎月第3日曜日に開催!
ストレッチワークショップと
ウェルカムドリンク、講座終了後にデザートプレート+ドリンク付き
3,500円
(通常メニューもあります。追加オーダーも大歓迎)

お料理と飲み物 いとうやすよ(Vegeカフェバー Loca☆Kitchen店長)
ワークショップ講師 權田菜美(ダンサー)

ゆったりした服での参加がオススメです。

2018/10/21/日
OPEN 14:30
START 15:00
CLOSE 17:30(ストレッチ終了は16:30頃。お時間のない方は、デザートプレートをテイクアウトできます。事前にお伝えください。)
VegeカフェバーLoca☆Kitchen(杉並区高円寺南3-68-1)
JR高円寺駅南口から右へ徒歩2分

6名限定 事前予約制
お問い合わせ・ご予約
ngonda716@gmail.com(權田菜美)
 locakitchen@hotmail.co.jp(Loca☆Kitchen)

****
少しずつ秋模様になってきました~☆
暑さもいつの間にか過ぎ、過ごしやすく、体への負担も少ない時季ですね。
それでも仕事や家事、勉強などなど、忙しい毎日は変わらずだったり。

そんなこんな、心にコリがたまると、それが体にも出てきます...!
逆に、体のコリをほぐしてあげることで、自分でも気づいていなかったような心のコリまでほどけていくことも♪

おいしいヴィーガン(完全菜食)、マクロビ料理とドリンクのカフェバー、Loca★Kitchenでは、ダンサーの權田菜美とコラボで、毎月第3日曜にデザート付きストレッチワークショップを定期開催しています。
今回のテーマは、「心のコリをほぐす」♪♪

オリジナルのリラックスドリンクを飲みながら、1時間半ほどこころとからだをほぐします。その後は、スペシャル・ヴィーガンスイーツでごほうびタイム♪

今回のお飲み物やデザートプレートは、ほっこりする秋の果物を使ったメニューをご用意する予定ですよ(^o^)

ご参加お待ちしていま~す♪


講師 プロフィール:
權田菜美
ダンサー。高校生時代、モダンダンスを中心に、クラシックバレエやジャズダンスを学ぶ。3.11をきっかけに、踊りを再開。パフォーマンスアートや柔術の動きを取り入れつつ、アートとアクティビズムを横断する表現活動をしてきました。
2018年7月、モロッコへの公演ツアー。
2018年9月、メキシコ大使館での独立記念日パーティーに出演。
ダンス、ストレッチの講師やパーソナルトレーナーなど。
毎週木曜日19時半から、高円寺、素人の乱12号店でストレッチクラスを開講中。きてね。

バレエ・ロレーヌを見た!

バレエ・ロレーヌ観て参りました!

f:id:gonna_dance:20180920124908j:image

 

友人からチケットを買い受け、なんとなんと、2列目のどセンターで観てきました。

 

憧れの、カニングハム!フォーサイス!往年の名作を初見。なんなの!色褪せなさ!!!!!

 

セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー作品も素晴らしかった。

様々な体型のダンサーが、美しくシンプルなグリーンのレオタードとリボンの衣装を見にまとい、顔にキュビズムを彷彿とさせるメイク。

繰り返される振り付けに、世界に引き込まれてゆく。どこを見てても楽しい。

バレエの動きながらも不思議なバランスでくるくると展開していく。

 

フォーサイス作品。

ダンサーの完璧な身体と動き。ズレない緻密な構成。バランス。信頼し合う身体。音と共に空間を支配する4人のダンサー。

一度は着てみたい衣装。

 

カニングハム作品。

人間臭くて、めっちゃ良い。舞台狭しと起きる人間模様が楽しく、わくわくした。

イエローとグレーのゆったりした衣装の奥に芯のある肉体があり、見えなさと共に動きが引き立つ。

 

はー!最高だった!

 

帰り道、興奮した頭でゆっくりと考えながら横浜散歩。

f:id:gonna_dance:20180920130904j:image

 

私は、集団で踊る踊りの世界で育った。総勢70人ほどの高校の部活動のダンス部。今流行りのアレです。

入部にオーディションがあるような名門チームでした。今年は全国大会で優勝してた。そしてMステも出てましたね。

当時の素晴らしい活躍や、今に繋がる礎をもらった反面、大きなトラウマがある。

とても怖い。

だから、ダンスを観に行くのは怖かった。いつもいつも踊りに心が囚われているのに、踊りが怖い。

同じ身体表現でも演劇や、舞踏は観に行くの、怖くない。きっと、自分のジャンルと遠いから。

モダンダンスやある種のコンテンポラリー、モダンバレエなんかは怖くて殆ど見に行かなかった。

今回の舞台は、私自身、とても脱力して、たくさん楽しめた。

 

幸せだなあ、楽しいなあ、

と穏やかにハイな気分になるまでに時間はかからなかった。

 

こうやって、穏やかにトラウマを乗り越えてゆけたらいいなと思う。

 

山下公園、中華街を堪能し、幸せな気分で帰路についた。

f:id:gonna_dance:20180920131259j:image

f:id:gonna_dance:20180920131317j:image

 

 

 

檜原村で獅子舞観てきた!

9月8日、9日と友人たちと檜原村に小旅行へ行った。

一番の目的は、藤倉という集落の獅子舞を見ること!

昼間の3時から夜中の12時まで行われている獅子舞!

東京都の文化財にも指定されている。

泊まった宿(浅間荘・せんげんそう)のご主人たちに伺えば、昔は夜通し二日間やっていたのが、短くなって今の時間なのだそうだ。

詳しくは、Facebookサイトが良さそう。

 

私たちは主に村役場のサイトを頼りにして行ったのだが、更新もあまりされていなくて、友人が電話で問い合わせたりした。訪れて聞けば、サイト担当の方が退職されたか何かであまり続かなくなってしまったのだとか。WORDPRESSとかWIXとか、誰でも更新できる仕組みになればいいのにね。

まあ、そういうのも田舎の醍醐味です。

  

昼間は、滝や川を堪能した。

 

 

f:id:gonna_dance:20180918113807j:plain

 

f:id:gonna_dance:20180918114140j:plain

 

夜は、浅間荘の見晴らし最高のお風呂と、山菜料理を堪能。 

f:id:gonna_dance:20180918114306j:plain

これは部屋からの眺め。

 

f:id:gonna_dance:20180918114700j:plain

どーん!左側は手作りの刺身こんにゃく!!

 

山菜料理は、天ぷら、6種類以上の煮物、お味噌汁、ご飯、ヤマメの焼き物・・・。控えめに言って最高でした。ご飯をお代わりして食べたのなんて久しぶり!!

 

お部屋についてるバルコニーで吸う煙草もまた良し。

 

お宿と山を挟んで向こうの集落にあるため、林道ならば20分ほどの道のりを50分ほどかけて藤倉ドームなる会場へ。

観た演目は、「弊がかり」と「竿がかり」。

 

お囃子と歌2〜4人ほど。

ささら(顔の隠れた花笠を被った女子が舞台の四隅に立ち、演奏する)4人。

太夫、小太夫の大小の獅子と、女獅子の3人。

 

f:id:gonna_dance:20180918114919j:plain

解説も入り、演目の内容や動きの説明があり、とても親切。

「音楽が獅子舞の中でも一番と言われるほどゆっくり」であるとか。

それに合わせて踊られる全篇ほぼ中腰の獅子舞。

踊るだけでなく、獅子役は太鼓を演奏しながらの演技。

同じリフと振り付けを繰り返し、思い出したように展開していく。

 

藤倉にこの踊りを伝え、指導もしている他の集落の踊り手たちには、テーブル付きの席が用意されていた。獅子舞の写真撮影を続けているカメラマンの方に聞くところによると、踊りが下手だと、

「こらあ!そこはそうじゃねえ!!」と演技の途中でも、怒号が飛ぶらしい。

き、厳しい。本番でそれされたら、泣いちゃうやつですね。

「今年はまだ出てないけどね」とのこと。

(後日、この怒号の話を舞踏ダンサーの友人にしたら、土方巽さんは結構そういう人だったらしく、彼女もそのほうが面白いという見方もあるよ、とキラキラした目で話していて、戦々恐々、興味津々とした。)

 

この獅子舞は、檜原村あたりの集落に、山を越え沢を越え、人づてに同じ踊りが伝わっているその伝播方法自体の面白さもあって、東京都の文化財に指定されているそうだ。これも宿のご主人が教えてくれた。

 

「そうじゃねえ!」が出るのにも、少々納得。でも言われたくない。笑。

 

眠たすぎて、午後11時頃からの大トリの演目「太刀がかり」を見られなかったのが残念。村内で出会った誰もが、「太刀がかり見ないの?」「見てないの?」と残念そうだった。来年!!

 

 

f:id:gonna_dance:20180918115124j:plain

 

村内で出会った皆さん、地元のことをよく話してくださった。

歴史、経緯、思い、現状。

とても嬉しくって、ためになった。

私のオジサンが苦手という性質さえ無ければ、もうちょっとダイレクトに聞けたのだけれど。友人からの又聞きになってしまったのも、勿体無かったな。

いつか、研究者の道にまた戻るとしたら、民俗学的に、伝統芸能を調べてみたいなあと軽く思ったけれど、この調子じゃ無理である。

 

翌日は、日原鍾乳洞に立ち寄り、めちゃくちゃうまい十割蕎麦を梅の内(めのうち)で食べて、タトゥーあっても入浴できるつるつる温泉に寄って、青梅だけに梅干しを買って帰った。

どれも最高なので、リンクを貼っておく。

 

日原鍾乳洞

そば梅の内

つるつる温泉

 

この旅は、新宿のラバンデリアや素人の乱あたりで会っている社会運動界隈の友人と行った。都市を離れ、ライブハウスでもなく、路上でもなく、トークイベントでも、いつもの店でもないところで、一泊二日という時間を共有できたのも最高だった。私たちには、余暇が足りないので、もっと遊びに行きたいと思う。

 

あと、宿のテラスで、店主さんや他のお客さんも交えてストレッチしたのも最高でしたね〜〜〜!!!いつも「天井を見ます」と動作解説しているところを、「空を見上げましょう」と言えて、マジで青空見上げるの、最高です。

 

 

 

 

 

9/13自由芸術大学ストレッチ講座、足の裏やりますよー

突然、夏ももう終わりですね。

本日、9/13/木曜、19:30より、自由芸術大学ストレッチ講座「資本主義社会のなかの身体とダンス・パフォーマンス」開催します。

9月は足の裏から下半身中心に鍛えます。もちろん、のびのびストレッチしながら☆

ジャンプしちゃおうかなー。ジャンプは体にいいんだよ☆

お待ちしています!

 

f:id:gonna_dance:20180913102705j:image

(夏が終わるー。もう朝晩寒い。しみじみ)


自由芸術大学 / 素人の乱12号店

166-0002 東京都杉並区高円寺北3-8-12-2F

JR中央線高円寺駅下車徒歩7分

19:30〜21:00

ビジター2,500円

チケット8,000円(1回2,000円4回分) https://www.freeart-univ.org/dance-performance/