世界の隅っこから。ハルコロ、ゴールデンカムイ。知識と愛について。

ついに、数年ぶりに念願のハルコロへ行きました。個人比で、本当に「ついに」感溢れ、ワクワク。

ハルコロは新大久保駅から徒歩3分ほどのアイヌ料理のお店。初めて行ったのは、アンティファでパンクの友人の紹介でした。その時も、「アイヌ料理なんて珍しいし、カッコいい!」と思ったのですが、社会の教科書で習うくらいの知識と、反差別運動などしていた知識から出た感想でした。

 

近年、アイヌ民謡を自分の踊りに使うこともあり、漫画・アニメ「ゴールデンカムイ」のファンたる私は、アイヌ知識を少々ばかり身につけ、ハルコロを再訪したのでした。ついに、憧れの「オハウ」(具沢山のスープ)を食べ、ユク(鹿肉)も頂き、ビールはサッポロ黒星と完璧な夜を過ごしたのでした。

「ヒンナヒンナ」(アイヌの言葉で、食べ物とその神に感謝する意味)だと思いました。幸せ。

メニューに書かれたアイヌ語の料理名や材料名が分かり、壁を埋め尽くすポスターや刺繍の模様や木の飾りが、得た知識によって、世界が意味を持って迫ってくる体験をしました。それらが彼らの文化の一部であって、意味や理由を持ってお店に置かれていることが認識できた。具体的には分からないものの方が多いけれど、前より、アレもコレもアイヌ文化に由来した何かであることに気づけます。胸がいっぱいになってワクワクして、嬉しくてたまらなかった。

f:id:gonna_dance:20190323094138j:plain

シンプルなオハウ。

f:id:gonna_dance:20190323094116j:plain

ゴールデンカムイ作者、野田サトル先生のサイン(他にもある)

 

一緒に行った友人やパートナーも、そのルーツは、ウガンダ、インド、シンガポール、米国など。私は日本。話題は、目の前の料理と行ったり来たりしながら、日本の戦時中の公文書アーカイブス(まじでなんでも見れると聞いて驚き!)や、アイヌの音楽や、オススメのアニメ(「ポプテピピック」でひと笑い。大好き。「ガイコツ書店員本田さん」をオススメしました。大好き。)、南極を通るとイギリスとオーストラリアが近いこと、政治など。

 

ハルコロでご飯食べて、自分の感覚に知識の喜びと、愛が入り混じっているなと気づいた。アイヌのこと知ってたけど、愛は無かった。左翼らしいシンパシーはあった。知るうちに、「面白い」が生まれ、「もっと知りたい」、から、「好き」が芽生え、美味しい食事で追体験するに至り、これは愛だなあと思った。他者とその文化への愛と、知らぬものへの愛と、知識や知る・学ぶということへの愛。

 

私は、知ることが好き。

知識は世界を美しくする。

知識が世界を広げ、意味をもたらし、愛を芽生えさせる。

また、愛は知をもたらし、知は、また世界へと繋げてくれる。

知識。叡智。愛。

この世界には異なるものしかない。

そしていつでも、全ては並立するだけだ。

美しい混沌。

 

本当に、差別や人種差別って終わってるなと思った。

自分は差別しません、と自分の聖人性を顕示したいわけじゃない。私の中には「差別したくないし、同時にされたくない」尊厳と意思があるだけだ。私だって、自分でも気づいていない偏見や差別意識がある。これは、恥ずかしいけど、絶対ある。自分の中で、解決していないものもある。

相手の文化を知ることは面白いし、受け入れがたいほどに違うこともある。そういう時はとても面倒臭かったりする。コンフリクトが生まれることがある。「キー!なんなの?!」となることもある(野宿者運動をハードコアにしてた時によくなってた笑)。でも「そういうのもある」となる。その人の背景、社会のこと、歴史とその流れが見えるようになる。きっと、相手だって自分に対してそう思ってたりするのだろう。「分からん。なんだこいつ」って。

その「分からん」と「だから相手を否定する」の間がないのは本当にしんどい。自分の「分からない」と「だからありえない」が直結してるのは短絡的だと思う。

世界を認知する中で、相手を否定することは、やっぱり違うと思うんだ。相手を否定することで、自分の優位性を示そうとしたりすることと繋がっていて、とても捻れている。

 

どこだって世界の中心だし、どこだって世界の隅っこなんだ。

 

知らないことだらけの世界で、

愛でもって、自分の世界が広がること。

 

めっちゃ楽しかったから、帰りは、はしゃいで飛び跳ねて走って帰った。

犬のようだった。

f:id:gonna_dance:20190323094200j:plain

 

tabelog.com

www.nids.mod.go.jp

 youngjump.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

2019!ご挨拶と自由芸術大学ストレッチ講座1月のお知らせ

2019年、明けましておめでとうございます!

2018年は、たくさんの方にお世話になった年でした。本当にありがとうございます。どうぞ今年も身体のこと、たくさん考えて発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。(考えまくった挙句、めちゃくちゃ月並みな挨拶になった・・・書ききれない)

f:id:gonna_dance:20190107154709j:plain

テキサスで滞在した湖の素晴らしい夕焼け。右奥にうっすら虹。

クリスマス、年末年始をアメリカ合衆国のテキサスで過ごしました。地味にデジタルデトックスをしつつ、水彩画や、読書、ジグゾーパズルやボードゲーム、犬の散歩、映画、脱出ゲームをして過ごしました。(テキサス旅行記、詳しくは後日また書きたいなあ)

 

寒いけど、まだまだ極寒ではない年明けですね!年明けに帰国しても、高円寺のいちょうの木にはまだ黄色く紅葉した葉っぱが残っていたりして驚いたりしました。

 

飛行機での14時間のフライトや、テキサスでの移動は全て車、屋内中心の生活で、こんなにも体を動かさないことってない!という2週間だったのですが、みるみる間に、身体がバキバキ!

普段、ストレッチクラスに来てくれるデスクワークの方もこんな感じで固まっているのかもなあと感慨深く体の変化を観察していました。

帰国後、早速、ヨガやストレッチ、踊りの稽古を重点的に行い、だいぶ元の通りの動く体になってきました。足の裏の筋肉の衰えがハンパなく、もっと鍛えようと心に誓ったのでした。

 

今年も!自由芸術大学でのストレッチ講座を開催いたします。

開催曜日は去年から引き続き、木曜日です。

1月は、10日、17日、24日、31日!!

 

1月のテーマは、「全身を観察し、ほぐす」。

改めてベーシックなストレッチをおさらいしていくと共に、自分の身体の状態を見つめ直していきたいなと思います。自分と向き合う静かな時間を持ちたいです。年の初めのスタートアップをゆっくりと過ごせればと思います。

もちろんいつも通り、個別の体のお困りごともクラスの中で伺いますので、プログラムに組み込んでいきたいと思います。

 

会 場:素人の乱12号店|自由芸術大学
166-0002 東京都杉並区高円寺北3-8-12-2F
費 用:チケット制 4回分(2,000円×4回)8,000円 ※ビジター1回2,500円
問合せ:ngonda716@gmail.com
持ち物:運動のできる服装、飲み物(必要な方は、ノートや筆記具おやつなど)

 

www

スペクテイターに載ってます(Loca Kithen記事のなか〜)

雑誌の可能性を感じまくるかっこいい雑誌『スペクテイター』42号〈新しい食堂〉特集に、おいしいストレッチ教室でコラボしている高円寺Loca Kitchenの店長、やっちゃんこといとうやすよさんの、力作エッセーが掲載されてマス!タイトルは、

 

食堂開業心得帖

D.I.Y.と”はったり”の店づくりハウツー

 

合計16ページ!!

 

イラストや、お店の図解、開業に必要な事業計画や必要書類も書いてある。親切。施工にかかった費用や、コミカルに語られるやすよ店長の本音も。本音過ぎて凄い。

 

多分内容は、

・開業にはコストがかかります!500万円貯めましょう!バーーーン!

・独立しよう!起業しよう!キラキラ〜〜〜〜!

・繋がりましょう!一緒に何か面白いことやりましょう!ゴリゴリ〜〜!

みたいな本たちやビジネスパースンたちと一緒なのかもしれないんだけど、等身大のやすよ店長が曝け出されてて、凄い。

 

・社会不適合とされてしまった(もしくはされてしまいそうな)自分と付き合ってる人

・会社組織でうまくやれない自分が起業とか絶対無理と思ってる人

・お金が無いから独立できないと思っている人

・自分はプロフェッショナルじゃ無いからと思っている人。料理学校にも行ってないし・・・とか

そんな人たちは励まされちゃうと思う。「なんかできそう?!」と今より楽しくサバイブできる方法を見つけてみようと思えるかもしれない。

 

やすよ店長が「おいしいストレッチ教室」にも文中で触れてて、私もちょっと登場させていただいて、最強に幸せ。ありがとう。ございます。ちなみに今月は来週16日に開催ですっ。お席も余裕があります。

 

12/16(日)おいしいストレッチ教室 vol.12 よく眠り、よく目覚める 【予約受付中☆】 - dancer's life

しかも、すっごく素敵で美人なイラストにしていただいて。もう、友達に自慢したよね。したよね。した。なんならきっとこれからもする。

 

f:id:gonna_dance:20181210133712j:plain

記事はイラスト図解もたくさん!紙質もネイビーのインクも良い〜!

 

やすよ店長と私は、上智大学修士課程で出会って、互いに「いるな〜」って感じであまり関わりなく過ごしたといううっすらとした出会いを思い出しつつ、「思えば遠く来たもんだ」と中原中也を思い出す。

  

やっぱり今号も「生き方を考える」「生を再考する」「人間だけじゃない」「東京だけじゃない」ってことをいつも感じさせてくれるクールな雑誌だった。

渋谷なぎ食堂のオーナーさんの「料理で驚きたい」という言葉が一番印象に残った。私ももっと驚きたい。

 

やすよ店長、掲載おめでとうございまする〜!

 

私もいつかスペクテイターに書いてみたいなあ。

スペクテイター〈42号〉 新しい食堂

スペクテイター〈42号〉 新しい食堂

 

 

 

余談(載せるかすごく迷ったけど載せる)

『スペクテイター』は上智大学の研究所勤務時代から好きな雑誌で、なんだかんだと図書予算や雑誌予算で購入、蔵書してました。就活、労働、労働者の権利、アナキズム、食と農なんてのも研究所のテーマだったし、それらのことをもっと広く学部生に向けて発信したかったので、「スペクテイターはおしゃれなタッチと読み応えもありでキャッチーですよ!」と蔵書検討のための会議で推し発言したのを思い出す。思えば、研究所の会議とは思えない発言ですね。

 

12月は、肩甲骨から肩、首を緩める。ほぐす。

気づけばもう師走!

あまりに寒くないので忘れてしまいそうですが、きっと急に寒波がきますね。

温度ギャップにやられないようにして、楽しいクリスマス休暇や、お正月を迎えたいものです。

 

f:id:gonna_dance:20181206171207j:plain

よ、ようやく紅葉。高円寺の長仙寺のお庭。

さて、自由芸術大学ストレッチ講座「資本主義社会のなかの身体とダンス・パフォーマンス」12月のテーマは、、、

 

肩甲骨から肩、首を緩める。ほぐす。

 

ですっ!!!

寒くなってくると、背中が縮こまって、無意識に肩に力が入って、疲れてしまいます。普段だって、肩こりや首の痛みがある人が多い中で、寒さはその凝りや痛みに拍車をかけます。そして、寒さでほぐれにくくなってしまう。・・・脅し文句のようで嫌なのですが、本当にそうなのですよね。

 

クラスには、動きやすく暖かい格好でお越しください。動いても動いても冷えてきてしまうよりも、セーターやパーカーなどを着て、暖かくして、汗をかきやすい状態にした方が、体はよく動き、ほぐれます。

去年は割と薄着でクラスをやっていましたが、私も容赦無く、セーターやあったかいインナーを着て教えています。

 

開 講:毎週木曜日19:30~21:00 

12月開講日・・・6日・13日・20日

1月は、10日から再開いたします。

12月27日と1月3日は年末年始お休みします。何卒よろしくお願いします。

会 場:素人の乱12号店|自由芸術大学
166-0002 東京都杉並区高円寺北3-8-12-2F
費 用:チケット制 4回分(2,000円×4回)8,000円 ※ビジター1回2,500円
問合せ:ngonda716@gmail.com
持ち物:運動のできる服装、飲み物(必要な方は、ノートや筆記具おやつなど)

 

www.freeart-univ.org

ECD『暮らしの手帖』

ECDが亡くなった時以来かな。久しぶりに手にとった『暮らしの手帖』ECD著。

なんとなく熱があって布団にいる以外何もできなかった時に、あの本寝込んだりする描写があるし、なんとなく足元のおぼつかない主人公たちの暮らしが良いんだよなあ、と取り出してきて読んだ。

 

「もういないんだよなあ」と生前の姿を思い浮かべる。はじめに思い浮かぶのは、横顔のライブシーン。マイクを短く持ち、前のめりになって客を煽るような。次は、闘病中の痩せた顔。雑誌『岩波』の少し前までの表紙のようなアップの顔。娘さんたちと外にいる姿。パンツ姿で寝る姿。これらの記憶の多くは植本一子さんや、ろでぃーさんや、いろんな人の写真から生成されてる。

 

文章の中の、主人公たちの綴られ方は、頭の中に響く第三者の声のようだ。自分を少し俯瞰して、語っていく。その語りをそのまま文字起こししたような。誰に聞かせるでもない語りが、日常っぽいなあと思う。

 

私の東京生活において繰り返される引越しの中でもずっと一緒に移動を続けてきた本の中の1冊。もう何年持ってるんだろう。数年前に自分が残したドッグイヤーがいくつかある。罫線は引かないので、どこに感銘を受けたか、いつ読んだ時につけたのか、を思い返すのも楽しい作業だったりする。

 

繰り返し読む数少ない本。

オススメです。

 

暮らしの手帖

暮らしの手帖

 

 

12/16(日)おいしいストレッチ教室 vol.12 よく眠り、よく目覚める 【予約受付中☆】

毎月第3日曜日の午後に、高円寺のビーガン・マクロビカフェLoca Kitchenにて行なっているストレッチ×ビーガンスイーツの講座のお知らせです。

f:id:gonna_dance:20181202035742j:plain

コレは11月に行なった時のデザートプレートです〜!思い出しよだれ。



今回のテーマは、「よく眠り、よく目覚める」

よく目覚めるためには、まずはよく眠ること、です。

講座の前半は、健やかな眠りを助けるお休み前のストレッチ。

休憩を挟んで後半は、心身を起動させる目覚めのストレッチ。

形の正しさよりも、身体感覚を重視して、お家でも即実践できるものでプログラムを組んでいます。

 

そして、ハーブやフルーツを使った2種類のオリジナルドリンクと、デザートプレートつきです。ドリンクもデザートもテーマに合わせたものをLoca Kitchen店長いとうやすよさんが、この日のために用意します。もちろん全てビーガンです。

今回は、テーマに沿って「おめざ」的なものにしようか、と話しています。

 

カフェでのストレッチなので、椅子に座って、もしくは立って行います。

自分の形に合った無理のない座り方からスタートします。

 

以下、詳細です〜〜〜。お問い合わせやお申し込みは、私まで直接っ。

ngonda716@gmail.com(權田菜美)

 

おいしいストレッチ教室 vol.12〜 よく眠り、よく目覚める

****
毎月第3日曜日に開催!
ストレッチワークショップと
ウェルカムドリンク、講座終了後にデザートプレート+ドリンク付き
3,500円
(通常メニューもあります。追加オーダーも大歓迎)

お料理と飲み物 いとうやすよ(Vegeカフェバー Loca☆Kitchen店長)
ワークショップ講師 權田菜美(ダンサー)

ゆったりした服での参加がオススメです。

2018/12/16/日
OPEN 14:30
START 15:00
CLOSE 17:30(ストレッチ終了は16:30頃。お時間のない方は、デザートプレートをテイクアウトできます。事前にお伝えください。)
VegeカフェバーLoca☆Kitchen(杉並区高円寺南3-68-1)
JR高円寺駅南口から右へ徒歩2分

6名限定 事前予約制
お問い合わせ・ご予約
ngonda716@gmail.com(權田菜美)
 locakitchen@hotmail.co.jp(Loca☆Kitchen)

****
日々の緊張とストレスで睡眠トラブルを抱える現代人は多いですよね(>_<)
寒くなってくるこの季節は特に、布団から出るのもツライ...。
そんな、目覚めが悪く、疲れがとれてない朝の感覚に覚えはありませんか?
心地良い眠りと目覚めは、大切な日常をより幸せなものにしてくれます。
今回のワークショップで、スムーズな入眠と寝起きを作る体質に改善していきましょう♪

おいしいヴィーガン(完全菜食)、マクロビ料理とドリンクのカフェバー、Loca☆Kitchenでは、ダンサーの權田菜美とコラボで、毎月第3日曜にデザート付きストレッチワークショップを定期開催しています。
今回のテーマは、「よく眠り、よく目覚める」。

オリジナルのリラックスドリンクを飲みながら、1時間半ほどこころとからだをほぐします。その後は、スペシャル・ヴィーガンスイーツでごほうびタイム♪

ご参加待ってます。


講師 プロフィール
權田菜美
ダンサー。高校生時代、モダンダンスを中心に、クラシックバレエやジャズダンスを学ぶ。3.11をきっかけに、踊りを再開。パフォーマンスアートや柔術の動きを取り入れつつ、アートとアクティビズムを横断する表現活動をしてきました。

2018年7月、モロッコへの公演ツアー。
2018年9月、メキシコ大使館での独立記念日パーティーに出演。
ダンス、ストレッチの講師やパーソナルトレーナーなど。
毎週木曜日19時半から、高円寺、素人の乱12号店でストレッチクラスを開講中。きてね。

歌舞伎を習ってます。

この夏から、日本の伝統芸能を少しずつだけれど学んでいる。

私の中でのもぞもぞとした興味が、ぼんやりぼんやりとだが、私を動かしている。

歌舞伎の講座に通っているのです。夏には、シアターXの歌舞伎ワークショップの成果発表会にも出演した。1年ほど前、歌舞伎座の最前列で歌舞伎を観てから、歌舞伎大好きなのだ。

f:id:gonna_dance:20181201190016j:plain

忠臣蔵」道行・落人のおかるの衣装

私は、アナキズムにとてつもない憧れがあり、それとどうしても対立するようなナショナリスティックなものや、伝統的なもの、古典と言われるものは、イマイチ触手が動かなかった。それも、ナショナリストたちや国家が、文化や芸術をナショナリズムのために使うから、嫌気がさすだけで、芸事自体はやっぱり素晴らしいものだ。

 

この数年メキシコ、ペルー、モロッコ、様々な国のアーティストたちに出会うたび、「自分の育った土地にある技術を知りたい」「私は何も知らなくていいのかな」と感じていた。

 

学び始めは、練習着である浴衣も一人で着られなかったし、もちろん浴衣をたたむこともできない。そしてそれを恥ずかしいと思った。先生の講義を聞くたび、知らないことばかりで、「なぜ私はこんな基本的っぽいことまで知らないんだろう」とまた恥ずかしいと思った。

公教育含め習う機会がなかったのだから、できないし、知らないのが当たり前なのに、知らないことを恥ずかしいと感じた。普段、恐縮なんてしないのに、なぜか恐縮したりもした。

日本文化らしきものの中で、コミュニケーションの方法が日本人っぽくなっていったりして、なんなんだろうコレは?!と思ったりした。

 

そんな自分の中の「日本的なるもの」を観察しつつ、稽古をとても楽しんでいる。

歌舞伎とその中に含まれる殺陣や日本舞踊(そのものではないが)などの技術は、とても面白い。筋が通っていて、美しい。裏切らない。三百年の時を経て、様式に昇華された様々の決まりごとは、とても気持ち良いものだ。

例えばなんで指を広げるのか、閉じるのか、そこにはそうでなければならない理由がある。それ以外にありえないと思わせる知恵と工夫が込められているのだ。

クラス毎に感心するばかりです。

 

女でも習えるなんてありがたいな〜なんてちょっと卑屈かな〜。

もともと女が始めたことなのにね。

出雲の阿国さんっていうプロデューサー兼女優。コレくらいは歴史の授業で習うね。

歴史の授業で「そんな女の人いたんだ!かっこいい!」と思った気持ちを思い出しました。

 

早ければ来年秋頃に迫った米国移住。大義名分さておいて、東京で学べることをたくさん吸収したいと思ってます。